MENUCLOSE

今治謹製 と 雲母唐長

江戸時代から先祖代々、受け継がれてきた唐紙の板木。
その板木から一枚一枚、人の手によって写しとられた唐紙の文様を400年の長い歴史を通して今に届ける雲母唐長の文様と奈良時代から築き上げられた織りの技を今日まで進化させてきた今治の紋織タオル(ジャガード織タオル)。
長い歴史を刻んできた双方の文様と紋様が出会い、古の美や文化を継承し、美しく暮らしを彩ります。

古の美を今に伝える400年の歴史

唐長文様

ジャガード織で浮かび上がる
唐長の吉祥文様

天平大雲
(Tenpyo-Ogumo)

雨を呼ぶ雲は豊穣の象徴。また、雨が人の足を止め、縁を呼び込むとして商売繁盛の文様とされる。

雲は雨を呼ぶことから実りと豊穣の象徴。
また、雨が人の足を止めることから良き縁を呼び込み、とどめ、集うなどと解釈され、運気上昇、商売繁盛の徴としても好まれる文様とされています。この天平大雲は雲魂を細い尾で連結した連雲であり天上に大きくうねる雲。縁起の良い瑞雲です。

南蛮七宝
(Nanban-Shippo)

円と星、あるいは花や十字架にも見えるこの文様は、しあわせが四方へとつながる事を意味する吉祥文様。

七宝文様のデザインとして唐長に代々伝えられています。
西洋のモザイクやタイルのように面のパターンで見せるエキゾチックな幾何学的魅力あふれるもので、円のようにも、星のようにも、花や十字のようにも見えるこの文様は、しあわせが四方八方へと繋がる縁起文様です。連綿と続くことから、縁が続く、すなわち、繁栄や成長を示すものでもあります。

雲母唐長について

雲母唐長

私たちは、今を生きる唐紙の文化と文様と色の世界を通じて
人々の暮らしを豊かにしたいと願います。

雲母唐長は、創業1624年、11代続く唐紙屋唐長の長女夫妻トトアキヒコと千田愛子がプロデュース、次世代を担う唐長を継承するブランドです。代々受け継がれた板木からひとつひとつ手仕事で和紙に文様を写し取られた唐紙は、襖紙や壁紙として桂離宮、二条城、養源院などの歴史的建造物に用いられると共に、今を彩る現代の人々の暮らしにおいても唐紙は愛されています。

唐紙とは

唐紙は、平安時代に遣唐使によって唐から伝えられたといわれ、当初は文字を書く為の詠草料紙として用いられ、鎌倉、室町時代の頃からは建築様式の変化に伴い、衝立や屏風、襖や壁紙などの室内装飾に用いられるようになりました。唐長には先祖代々伝わる板木が650枚ほどあり、世界を駆け巡ってきた文様の世界観が先人たちのおかげで江戸時代から手を加えられることなく板木に息づいています。

唐紙師 トトアキヒコ

唐紙師 トトアキヒコ

従来の唐紙文化を継承しつつ、独自のアート作品としても新しい唐紙の世界を築き上げる。美術館や神社仏閣、商業施設、個人邸などに作品を収め、代表作の「星に願いを」は、俵屋宗達の重要文化財『唐獅子図』と並んでいる。

唐紙師 千田愛子

唐紙師 千田愛子

『唐長』11代目の長女。10代の頃より唐長の新境地としてカードの世界を開拓。また、夫と共に先祖より伝承する唐長文様を異業種とのコラボレーションにより、さらなる発展へ向け活動を行う。

唐紙とは

唐紙は、平安時代に遣唐使によって唐から伝えられたといわれ、当初は文字を書く為の詠草料紙として用いられ、鎌倉、室町時代の頃からは建築様式の変化に伴い、衝立や屏風、襖や壁紙などの室内装飾に用いられるようになりました。唐長には先祖代々伝わる板木が650枚ほどあり、世界を駆け巡ってきた文様の世界観が先人たちのおかげで江戸時代から手を加えられることなく板木に息づいています。

  • 色鮮やかな唐紙

    一枚一枚、丁寧に手で写しとられた色鮮やかな唐紙

  • 先祖代々伝わる唐紙の板木

    先祖代々伝わる唐長の板木

  • 唐紙のランプシェード

    やさしい光を灯す唐紙のランプシェードは今のライフスタイルをやさしく彩ります。

  • 室内装飾に用いられた唐紙

    室内装飾に用いられた美しい唐紙

ギャラリー

雲母唐長(KIRA KARACHO)タオルは
「グッドデザイン賞」を受賞した今治謹製ブランドです。

「今治謹製」ブランドは木箱入りタオルギフトとして
初の「グッドデザイン賞」を受賞しました。
「雲母唐長(KIRA KARACHO)タオル」は「今治謹製」ブランドの一つです。

縁起の良い「唐長文様」のタオルギフト

縁起の良い「唐長文様」のタオルギフトで良縁を願う

雲母唐長の歴史と縁起の良い文様にあやかり、長く続く縁を願う、おめでたい用途の贈り物に最適です。
新婚のお二人への結婚祝い・ご結婚の引き出物、ご結婚の内祝い等のブライダルシーンでは良縁が長く続くことを願って。
赤ちゃんが生まれた際の出産の内祝い・出産祝い等・賀寿のお祝いではご長寿を願って。
新築祝いや企業様の周年記念品では新しい門出の節目を祝う記念品として。
縁起の良い文様と、優しい色合いなので幅広い層の人に贈り易いタオルギフトです。