MENUCLOSE

今治謹製STORIES

今治タオルブランド「今治謹製」が織り成すストーリー

こんなに長く続くブランドとは思っていなかった。10年間、ずっとずっと、これからも。

こんなに長く続くブランドとは思っていなかった。10年間、ずっとずっと、これからも。

タオルの生地端の部分を“みみ”と言い、みみをミシンで縫うことでタオルが完成に近づきます。10年間、今治謹製紋織タオルのみみを縫い続けている越智悟さんに仕事への思い、今治謹製の思い出を聞きました。

今治謹製が10年間も続くブランドとは思っていなかった

今治謹製のタオルのみみを縫い始めてから10年。当初はこんなに長く続くブランドとは思っていなかった。気付けば10年経っていた、というのが正直な感想かな。

この今治謹製紋織タオルのみみは自動化されたミシンで縫うこともできるんだろうけど、手作業のミシン縫いにこだわって作業しています。理由?そのほうがきれいに縫えるから。きれいにピチッっと縫うことが大事。ほんのちょっとした膨らみを防ぐために敢えて手で触れながら縫ってるんだよ。

縫うだけが自分の仕事じゃない

毎日今治謹製に触れています。だから指が今治謹製のことを覚えてる。柔らかさの違いで合ったり、毛羽立ちの感じであったり、いろいろな違いを感じることもあるよ。そういうときは関係する会社に報告するようにしている。縫うだけが自分の仕事じゃない。お客様の手に渡ったときに迷惑が掛かってはいけないからね。産地としての今治を大事にしていきたい。技術だけでなく、こういうことを息子にも受け継いでいきたいし、皆で大事にしていってほしいね。

自分が縫ったタオル、今治で作られたタオルで喜んでもらいたい

自分で贈ったことがないけど、やっぱり今治謹製や今治ロゴマークの入ったタオルを使う人には喜んでほしい。今治タオルブームで救われた産地だからよけいにそう思うね。これからも「今治タオルが好き」と言ってくれる人が居続けてほしいね。

Introduction

越智悟商店 社長 越智悟

今治謹製に触れ続けてきたその指、見続けてきたその眼差しにはあたたかさを感じました。今治謹製を支える職人のおひとりです。

越智悟商店 社長 越智悟

越智悟商店

丁寧な仕事と熟練の技術で今治タオル業界を文字通りその手で支えている。敢えて手間のかかる手作業でのミシン縫いで数々の今治タオルの生産に貢献しています。

越智悟商店

取り上げられたタオル

今治謹製 紋織タオル

大ヒット・ロングセラー商品。今治で磨き上げられた匠の技。世界に誇れる心地よさを感じてみてください。

→今治謹製 紋織タオル