さくら紋織の特徴

歴史と文化の由緒ある町「今治」。
奈良時代から築き上げた織りの技と、
京都の鴨川や金沢の屑川と並ぶ、蒼社川の名水。
古来より日本人のこころに根ざす桜の花を、
甘く撚った糸を使用し、繊細に織りあげました。
世界に誇れる「今治謹製®さくら紋織 」の
タオルの心地よさをぜひ感じてみてください。

さくらの美しいジャガード紋様

今治の誇りであるジャガード織を駆使して、色ごとに異なる太さの糸を使用することで、さくらの花を繊細に織りあげることが出来ました。

国内紡績の甘撚り糸使用

高い吸水性を保ちながら柔らかな肌触りがある、こだわりの糸を使っています。

色へのこだわり

ピンクの色糸ごとに濃淡の変化をつけることで、季節の移ろいによって変わりゆく、さくらの花びらの繊細な色合いを表現した今治タオルに仕上げました。

高級感あふれる木箱入り

木箱にもさくらの花紋様をあしらうことで、より一層華やかで高級感が増し、どなたにも喜んで頂ける今治タオルの贈りものになりました。

今治タオル認定商品

今治タオル産地では品質を確実に保証するため、「四国タオル工業組合」が認める独自の認定基準に合格したものでなければブランドマークの使用を認めていません。「今治謹製®さくら紋織」は今治タオルブランド認定商品です。
認定番号:第2016-1002号

日本最大級のタオル産地 愛媛県今治