今治タオル「今治謹製 古色ゆかりいろ」公式サイト

古色ゆかりいろ

ABOUT
古色ゆかりいろ

日本古来から受け継がれてきた伝統の色合いを用いて、美しく、やわらかな今治タオルを染め上げました。

美しく、柔らか、そして艶やか

日本には古来より暮らしの中で愛されてきた多彩な色合いが息づいています。その色合いを花や植物、鉱物の天然そのもの、時代の風土、四季などに重ねあわせて和の色として呼び慣わし、情緒豊かな日本ならではの感性を育んできました。

時を重ねた歴史の流れの中で人々が縁を結び、受け継いできた和の色。色の呼び名も美しく、その名からは色の持つ力や色に込められた想いや縁起も想起させられます。

そんな日本にゆかりの深い伝統の色合いを用いて、美しく、やわらかな今治タオルに染め上げました。毎日の生活をより豊かにする彩りとその風合いをお楽しみください。

落ち着いた上品な色合いが特徴です

古色ゆかりいろ
【灰桜】はいざくら

【灰桜】はいざくら(PI)

古来から桜は、人の心を深く捉えてきました。その花言葉にあるように「心の美しさ」までをも感じさせる穏やかで上品な桜色。

【真白】ましろ(WH)

【真白】ましろ(WH)

白は神聖な色であり、清浄無垢の象徴とされ古来より、神事などに使われている。光を反射し、もっとも明るく始まりを感じさせる色。

【銀朱】ぎんしゅ(RD)

【銀朱】ぎんしゅ(RD)

朱色は魔力に対抗する厄除けの色であり、銀朱の原材料は昔から木材の防腐剤として使われていたそう。鳥居や神社仏閣に朱色が多く使われているのもこういった意味がある。

【蒼白】そうはく(BL)

【蒼白】そうはく(BL)

「蒼」という漢字は草木のあおあおとおい茂るさまから由来する。蒼海(そうかい)、蒼空(そうくう)など、スケールが大きく、「白」の漢字と合わせて唯一無二という意味が込められ、限りなく、壮大に広がる様を表した色。

【小町鼠】こまちねず(GY)

【小町鼠】こまちねず(GY)

江戸時代に流行した「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねず)」の一つ。その名の通り、上質で優しく微かに華やかさのある色。

【桧皮】ひわだ(BR)

【桧皮】ひわだ(BR)

檜は神社、仏閣を建造する際に多く使われ、霊験あらたかな樹木とされている。旺盛な生命力をイメージさせ、その檜の樹皮のような、力強い重厚感のある色。

【鉄紺】てつこん(NV)

【鉄紺】てつこん(NV)

(勝色 かちいろとも言う)紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの暗い藍色のこと。『かちいろ』『かちんいろ』とも言われ、武士たちが濃い藍染の質実剛健さを好み、さらに「かつ」に「勝」の字をあてて縁起をかついだ。

国産紡績の甘撚り糸を使用
ふんわり柔らかい肌触りに

糸の太さを表す単位のことを番手といい、数字が大きくなるほど、糸は細くなります。家庭用のタオルの糸の太さは20番手が一般的ですが、「古色ゆかりいろ」は40番手の極細糸をパイル部に使用し、ふんわり柔らかい肌触りを実現。
※甘撚りにすることで糸が柔らかい=タオルが柔らかくなります。

比較
ふんわり柔らかい肌触り

糸をゆるく撚る、甘撚りの紡績糸を日本国内で仕立てる事で、一層、やわらかい風合いとしっとりした肌ざわりとなります。

今治タオルブランド認定商品

今治タオル

今治タオル産地では品質を確実に保証するため、「四国タオル工業組合」が認める独自の品質基準に合格したものでなければブランドマークの使用を認めていません。「古色ゆかりいろ」は今治タオルブランド認定商品です。認定番号:第2016-924号

今治タオルロゴ

古色ゆかりいろ

古色ゆかりいろ

古色ゆかりいろ

古色ゆかりいろ

愛媛県今治
愛媛県今治

LINEUP
商品一覧

  • バスタオル

    バスタオル

  • フェイスタオル

    フェイスタオル

  • ハンドタオル

    ハンドタオル

ギフトセット商品